秋~冬にかけての乾燥や、精神消耗、肉体疲労がず~っと続くと、血やうるおいを消耗してしまいます。 そして、風邪や咳が長引いたとき、急にふけたな~というくらい髪の毛がバサバサになった経験がありませんか? それは、 熱のあとや暑い夏が終わったあと、忙しく多忙で精神的に疲れ切ったあとは・・・うるおいを消耗してしまっているのです。...

2019/11/30
こんにちは!秋〜冬にかけて鼻風邪から咳、痰がらみから、声枯れの季節となりました!そして季節はもう12月っ!早いですね! 先日小さなお客様がご来店♡ お母様におすすめしていた漢方、「白龍散(はくりゅうさん)これ、大人の方でも好き嫌いがわかれるところ😁 「僕も食べる!!!」とのことで、スプーンでペロリ!...

鼻水がでるとき…それは、 ➕身体の冷えを感知したとき ➕悲しくて泣いたとき ➕花粉症などのアレルギー ➕風邪やウィルスが粘膜についたとき ➕水分があふれているとき いろんなケースがあります(^^)

食養生、食レシピ · 2019/11/25
キノコではなく、イネ科のお野菜。マコモに黒穂菌が寄生して、この菌の影響で根元の部分が太くなった茎の部分を「マコモダケ」と呼んでいるそうです。 収穫時期が遅れたり、気温が下がると、マコモダケ内部に黒い斑点がでるそうですが、そのまま食べられるとのこと(^^) 昔はお歯黒や眉墨に使われていたそうです!

先日、アトリエ フラワーキッチンの優子さん主催の志免町初!”おしごと体験マルシェ”に出店させていただきました! ゴスペルライブあり、中南米音楽研究会の演奏あり、科学実験ありと、それらが無料で楽しめる一足早いクリスマスを感じさせるマルシェ♪出店しながら楽しませていただきました!...

○気陰両虚タイプ・・・睡眠不足や疲れがたまりすぎているとき、ごはんもロクなものが食べれていない。忙しすぎて、自分を見失っている。舌は歯形がついている。 ○肝鬱気滞タイプ・・・ストレスフルでショックを受け、心身ともに消耗したとき。舌は紫色になり、手足が冷たいのに頭はいつも熱をもっている。...

【中医学で解説する不思議症状】 痒みも痛みもないのに、手の皮がはげるのは何故でしょう? 手のひらの薄皮や舌の苔がどんどんはげていく症状は、ズバリ「気とうるおいの不足」で起こります。...

ずっと前から書きたかった記事テーマ。においと漢方について。 基本的に自分のにおいが一番落ち着く、好きな方は自律神経系や免疫、ホルモンのバランスがとれている方。 娘や息子は言います。 「お母さんのにおいは落ち着く」 「おうちのにおいがする」...

【まちの駅として地域に根差した活動をしています】 官兵衛うどん の官兵衛さんがまちの駅、駅長つながりでミコー薬局にほっこり体験をしに来てくださいました! 粕屋町商工会のまちの駅事業でお世話になっている松尾さんも一緒に。 まちの駅としてのミコー薬局の駅名は”ほっこり温灸と漢方美カフェの駅”です。...

ミコーで購入された温灸器で、長年使っていくと、だんだんとツメが折れてしまったり、木枠につけている金具がゆるくなってしまったりと、”お困りごと”も出てきてしまいます。 ミコー薬局では、そんなお困りごと解消のために、温灸器メーカーさんから金具とねじを調達して、修理できるものは修理して使っていただく取組みを行っています。...

さらに表示する