綾戸 智恵さんの記念講演レポート☆

家族との関わり〜母として・娘として

人生は 「のぼり坂、くだり坂、まさか」笑


綾戸 智恵さんは、記念講演の中で、お母様の介護を通じて、また息子さんの子育ての狭間で、今、感じていることを リアルに、そして 心境の変化やお母様の老いを受け入れる瞬間まで、音楽を聴いているように リズミカルに、おもしろおかしくお話をしてくださいました(^^)


お母さんを本当に尊敬されているなぁ…と要所要所に感じました。

みんな、今見た観点で話をしすぎ

すべての人は未熟からえらくなる

綾戸さんの性格は、いいも悪いも すべての人の言葉を吸収しないと気が済まない。


61キロあるお母様の介護を39キロの綾戸さんが「ちえちゃんがいい」というお母様のお願いを一人で聞く毎日。

そんな中、とあるお寿司やさんでのお客さんの一言「介護は自己満足よ。疲れたら倒れるわよ」という言葉のあと、本当に倒れられた。


綾戸さんが海外に片道切符で出ていかれたときのくだり、「羽ばたく羽を折らずに、自分の心をポキっと折って見送ってくれた」

母の本心に 気がついたのは認知症になられたお母様があのときは…と口にされたことからの綾戸さんの気づき。自分だったら、そうはいかない、心配で心配でと口にするところを母はやっぱりすごいと。生きる教本と。

あんた、送れるやろ

お母様の言葉。

送れる力をくれるのは弱くなる母や。

意識と無意識がある。


永平寺の宮崎禅師様は、生前、お弟子さんに抱えられ、支えられ、動けなくなっても「まだまだ教えを請いたいのです」と言われる存在だったそう。


自立とは「人とともに生きれる人格。変化球で人は育つ」

人は生まれ、人生の中で咀嚼するそのプロセスが大事。自分をどう磨くか?


Old Power

昔病院に行くまでもない病気をしたときに通っていた、神戸にある薬局。まだあるかなーと訪れてみたら、若い店主が。

未だに「おっちゃんは?」といわれるからお迎えに行く。


80そこそこの薬局のおっちゃん。知識と経験がある。「こりゃ、こうやな」白いの着ると腰が一気に伸びる。

免許は自主返納して、運転手つきで仕事をするおっちゃん(^^) 身体を使うより、経験を若いものに教えてくださいと思うと綾戸さん。


--------------

本当に、これが薬局の先生の目指す道だと思いました(^^)

母としても、娘としても、人としても尊敬できる綾戸さん、またまたファンになりました♡

アフロコーヒー♡

綾戸さんの最愛の息子さんは、コーヒーの焙煎士。今回、会場に持ってこられていた最後の一袋をありがたくGET✨
並んでいた先生と半分こして、本日いただきました!!
見た目は濃い感じだったのですが、苦味と酸味は少なく、フルーティーな余韻が口の中に残る、よいお味のコーヒーでした☕️
ご馳走さまでした♡